カジノ誘致合戦が日本国内でも本格的に(1兆円の経済効果との試算も)

2020年の東京オリンピックに連れて海外から多くの観光客が見込めることは以前から言われていますが、それに合わせてカジノを日本国内でも建設していく方向に進んでいるようです。

東京ならお台場、千葉なら幕張や成田、という具合に可能性のある場所も絞ってこられています。

 

作るとすればかなり大型のリゾート建築物(IR)となるので、広い場所が確保できるところでなければなりません。そして、作られた自治体に対しての経済効果もとてつもない金額になります。


 

まだ2つしかカジノリゾートが無いシンガポールでは年間5000億円の売上となっており、先進国の日本であれば1兆円以上も見込めています。

シンガポールにお金を落としているのは多くがバカラ好きの中国人、日本に来る中国人もかなり見込めることもあって、統合型リゾート「IR」を置く候補には大阪や北海道なども手を挙げています。

もし実現すればかなり地域活性化の起爆剤にもなりえます。

 

日本は今、少子高齢化が進み、貿易赤字にもなり、富豪たちもどんどん海外に円を出していて、外貨が入ってくるボリュームが減っています。

マカオやシンガポールは理想的なモデルと言ってもいいほどカジノで成功できていることを考えると、いよいよ日本も本格的な流れに向いているのではないかと感じさせられます。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください