日本でカジノを合法化する目的とは

現在の日本においてはカジノは賭博行為に当たるという事で違法であり運営する事はできません。
しかしカジノを合法化して日本にカジノを作ろうという議論は現在の政権下で活発化してきています。
ここではそう言った合法化を主張する人々の目的を簡単にまとめてみたいと思います。

 

 

1.公営賭博の一つとして

そもそも日本においてカジノ推進の動きというのはバブルの頃から始まりました。
当時問題になっていた「遊びを知らない日本人」の為に公営賭博を増やそう。という目的です。

 
しかし当時も公営賭博やパチンコなどのギャンブル依存症患者が社会問題になっていましたし、利用客がいるか不明なカジノを作るという箱物行政への批判など社会から理解を得ることが出来ず消えていきました。

 

 

2.パチンコ合法化

 

その後パチスロに関わる問題の中でカジノ合法化が主張されることがありました。
パチンコは三点方式と呼ばれる方法で換金を可能にしています。
しかしこれは歴史的な問題からくる特例に近く、違法ではないかという指摘も出ています。
その為パチンコチェーンが株式上場を断られるというパチンコ店側の問題が発生しました。

 

その他にも、違法かどうか微妙なパチンコから国が税金を取れないなど税制上の問題もあります。

 

そこでカジノを合法化して、パチンコもカジノの一つとして明確に合法化にしようという動きがあるのです。

ただしこれは警察から政治家まで様々な利権問題がありますし、違法と主張される行為を合法化する事の倫理問題にも話がつながるなど毎回議論が紛糾して、最終的には大衆の支持を得られず大衆から忘れ去られていくというのを現在まで繰り返しています

 

 

3.観光目的の為に

 
そして現在、今までで一番カジノ合法化に近づいていると言われていますが、それはアベノミクスの三本の矢の一つである観光に関連しての動きです。

 

海外からの観光客獲得の為にIR(総合リゾート施設)を作ろうという動きがあり、その中でカジノも含めた一大娯楽施設を作るという動きがあるのです。

 

その為、現在政権が考えているのはカジノと言っても外国人向けのカジノであり日本人は入る事が出来ないという物です。

これは諸外国でも行われている政策ではあるのですが、現在はどこの国もカジノ不況ですし、公営賭博が赤字で倒産して一大産業のパチンコもつぶれてしまうほど賭博に興味を失った日本で今更公営賭博を増やす意味があるのか?という意見なども出されています。

 

 

カジノ合法化はあり得るのか?

 

このようにカジノ合法化は様々な主張の元で出され、そして大衆から支持を得られず消えていくというのを繰り返してきた法案です。
事実、現在の安倍政権下において今まで成立に近づいているとは言われてはいますがそれでもギャンブル依存症や治安問題などで異論や反論がたくさんあり、法案の提出が見送られているという状態です。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

射幸性はカジノでも制限されるのか?

ギャンブルに関わっていると、『射幸性』という言葉をよく聞きます。

これは、偶然の利益を狙う事です。

射幸心というと幸せになりたいという意味なのですが、射幸性は意味が違うようです。

 

 

 

射幸」という言葉は、文字通り幸せを射止めるという意味です。

しかし、努力せずに幸せを射止めたい人も存在します。

悪いことではありませんが、カジノでそれを狙う事は無理があります。

 

 

 

バカラなどは胴元であるカジノ側が多くの「寺銭」を徴収しています。

それに負けない利益を出すのは並大抵のことではありません。

バカラは頭脳戦だと言われます。

私もそう思い、一つの精神修行だと考えています。

 

 

 

バカラでは自分のテーブルがどんな状況かを予測して、プレイヤーかバンカーかに賭けます。

タイを除けば確率2分の1の勝負ですが、2回に一度当たるとは限りません。

バンカーばかりに賭け続けていても損失が出ることが少なからずあるのです。

 

 

 

確率2分の1の勝負といっても、賭け金は毎回自由に変えられるわけですから、10連続で1万円ハズしても、11回目に20万円当たればプラスです。

そういう逆転劇を味わってくると、病みつきになるのも分かります。

 

 

 

 

日本では公営カジノが禁止されており、公営ギャンブルもかなり制限されています。

これは「一攫千金」を狙ってギャンブルにのめり込む人が出ることを防止したいためです。

現実に韓国では韓国人にカジノを開放してしまい、人生破滅に陥る人が増えたようです。

現在、日本で公営カジノができない理由は韓国のような事例があるためのようです。

でも既にパチンコや競馬などは当たり前のように広がっているわけで、今さらどうなのっていう感じもするんですよね。

 

 

 

確かにギャンブルで人生を棒に振る人を生み出すことはよくありません。

シンガポールでも自国民がカジノに入場する際は入場料を取られます。

こうして、カジノなどのギャンブルの影響を外国人だけに留めているのです。

 

 

 

 

しかし、シンガポールの人もマカオでカジノを楽しむことがあります。

人間の欲望は法律だけで制限することができるわけではありません。

射幸性は必ずしも悪ではなく、自分でコントロールするものです。

 

 

 

いい大人が自分の感情のコントロールもできないようでは問題だと思います。

そのような人のおかげでカジノなどのギャンブルが悪者にされ、射幸性が悪と思われるのです。

ちょっとおかしいと思いませんか?

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

カジノ誘致合戦が日本国内でも本格的に(1兆円の経済効果との試算も)

2020年の東京オリンピックに連れて海外から多くの観光客が見込めることは以前から言われていますが、それに合わせてカジノを日本国内でも建設していく方向に進んでいるようです。

東京ならお台場、千葉なら幕張や成田、という具合に可能性のある場所も絞ってこられています。

 

作るとすればかなり大型のリゾート建築物(IR)となるので、広い場所が確保できるところでなければなりません。そして、作られた自治体に対しての経済効果もとてつもない金額になります。

続きを読む

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ギャンブルは社会の悪なのか?それとも正義なのか?

medar8392

 

ギャンブルというものは昔から悪だと言う人は多くいます。

日本では特にそういうイメージが強いですね。パチンコも、競馬も、消費者金融も、人の金欲を上手く利用していると思います。

ギャンブルをする日本の人口と言うのは2500万人とも言われています。5人に1人が趣味にしているほど深く浸透しています。

 

これほどまでに浸透したのも戦後になってからでしょう。焼け野原になった日本は明日への希望も薄れ、あちこちで強盗や強奪も繰り返されました。
せっかく戦争から生き延びた人たちも生き続けるために食べるものを奪い合うような日々でした。

 

そんな環境の中でも仕事を見つけ、そこで得たお金をもっと増やすために麻雀やチンチロなどが流行り出しました。

仕事以外に何もない生活から出てきたものが人々を大きく刺激しました。
むしろ、だんだんと麻雀やチンチロをしたいから必死で仕事をする人たちも増えたほどです。

 

単に真面目に毎日しっかりと仕事をする、という生活は人間にとって退屈なものなんです。

・何のために仕事をしているの?
・何のためにお金を稼いでいるの?
・もっとお金を増やすためにはコツコツ仕事をしているだけでは物足りないんじゃ?
・100万円1000万円が一気に銀行口座に入る可能性のあるものとは?

 

そういう欲や目的があるからこそ仕事もバリバリ真面目にできるものだという見方もあります。
こうなるとギャンブルが無暗に「社会の悪」と決めつけるのではなく「社会の正義」という考え方もできるわけです。

 『オンラインカジノ』の公式サイトに行く

 

単調に毎月25万円の給料が入ってくるだけの日々の中、ある時あっさり5万円が手に入るようなことがあるとやっぱり癖になっちゃいますね。

ギャンブルというのは人間社会だからこそ生まれてきたオリジナルの文化です。
賢い人ほどお金が掛かっていることに真剣に悩んだり考え込むことが好きなものです。
宝くじにせよ、麻雀にせよ、トランプにせよ、大抵のゲームやギャンブルには「数字」が関連してきます。
うまく先を読んだり計算したりすることに脳をフル回転させて、自分の考え通りにお金が入ってくることには100%の力を注ぎます。

どうやって貯金を増やそうか、どうやってさらに稼ごうか、どうやって損をしないで済むか、という考え方は人間社会で生活することにとってごく正常なことです。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

カジノ合法化がされている海外の国とは? 日本もカジノ法案が国会提出について

2014年になって騒がれているのがカジノ法案の国会提出により、いよいよ本格的に検討されているようです。
パチンコ業界や安倍晋三首相の自民党が旗を振って一気に傾く勢いです。

東京五輪招致に合わせて、数兆円規模の収益とも予想されるカジノ運営はやはり簡単にはスルーできない問題のようです。
多くの不動産業界にも巨額が流れることになりますし、お台場などに作られるとするとフジテレビ他マスコミのイベント影響力も無視できません。

 

大金を使ってくれる世界のVIP客たちを満足させるために、それなりの豪華な施設になると予想されます。
ラスベガスほどにはならないと思いますが、それでもマカオやシンガポールがカジノで成功した国だということはまだ最近の話です。

海外の国では一体どれくらいカジノ合法化となっているのか調べてみました。意外にかなり多いんだなという印象です。

 

【北米・中米】
アメリカ合衆国(一部の州を除く)
カナダ(一部の地域を除く)
バハマ
セントクリストファー・ネイビス
ハイチ
アンティグア・バーブーダ
セントビンセント・グレナディーン
ホンジュラス
パナマ
コスタリカ
ウィンドワード諸島
タークス・カイコス諸島
プエルトリコ
サン・マルタン島

【南米】
コロンビア
ペルー
ウルグアイ
チリ
エクアドル
パラグアイ
アルゼンチン
ボリビア
スリナム

【ヨーロッパ】
イギリス
フランス
スペイン
ドイツ
イタリア
フィンランド
モナコ
ポルトガル
オランダ
マルタ
トルコ
デンマーク
エストニア
ロシア
ポーランド
スロバキア
ルーマニア
ブルガリア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
マケドニア共和国
スイス連邦

【アジア・オセアニア】
韓国
フィリピン
インドネシア
マレーシア
ネパール
カンボジア
ベトナム
ラオス
シンガポール
北マリアナ諸島
オーストラリア
ニュージーランド
バヌアツ
マカオ
ニューカレドニア

【アフリカ】
エジプト
モロッコ
トーゴ
ガボン
ザンビア
ボツワナ
チュニジア
ガーナ
ナイジェリア
ケニア
ジンバブエ
南アフリカ共和国
スワジランド
レソト
モーリシャス
セネガル
ガンビア
コートジボワール
ベナン
リベリア
ニジェール
ジブチ
マダガスカル
セーシェル
コモロ

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.