ごく一部の富裕層しか入れなかったネットカジノのバカラが今では

その昔、1994年頃の話ですが、インターネットが爆発的に普及することになったWindows95のおかげで今では誰もがパソコンを自宅に持っているような時代になりました。
たった20年前のことなんですね。

 

実は、当時からすでにインターネット上ではオンラインカジノのWebサイトは生まれていて、限られたごく一部の富裕層の間では知られていたものなんです。

もちろん当初から日本にあったわけではなく、もともと海外の国によって作られていますから、その国だけで遊ばれていたものです。日本国内では噂にも聞けるレベルではありませんでした。

それから数年経つと・・・

2000年頃には増えてきたとは言え、海外では怪しいネットカジノが作られていたことも確かです。当時は無法地帯でもあったわけです。
そもそも、その頃はせいぜいダイヤルアップ通信の時代ですから通信状況が安定しないわけです。お客さんが怒るのも無理はないでしょう。

通信の速さだけではなく、パソコンのスペックにも問題がありました。
グラフィック、サウンド、メモリ、ハードディスク、何を取ってもゲームをするには重くて遅かったのです。

 

しかし、そんな状況を長く放置されるわけもなく、今のように光回線や高速通信が当たり前にもなると状況は変わってきます。
パソコンのスペックを見ても高性能で安くなりました。オンライン対戦ゲームが普及したこともあり高スペックPCなんてどこの家庭にもあるほどです。

 

さらに時が経つに連れてネットカジノのサイト自体にも色々と見直しがされ、セキュリティ面の強化のために運営会社とは別の第三者機関が立ち入って審査をしたり、運営するためには特殊なライセンスを取得する義務が設けられたりすることで、富裕層はもちろんのことながら一般人にも安心してプレイできるという信用が浸透していきました。

海外ではそんな状況がすでに7~8年経とうとしています。

 

そして、この2012年頃からネットカジノは日本市場にも徐々に浸透しだしました。

●日本円が使えたり
●日本のクレジットカードが使えたり
●日本のATMでお金を引き出せたり
●日本語にも完全に対応していたり
●日本人のサポートが付くようになったり
●日本のスマートフォンにも対応していたり
などといったように今どきの日本人向けに遊べるベラジョンカジノが現れました。

 日本人向けのベラジョンカジノの公式サイトはこちら

 

ベラジョンカジノで遊べるゲームは
●スロットマシン
●バカラ
●ポーカー
●ブラックジャック
●ルーレット
など、それぞれにもかなり多くの種類があります。
一攫千金のジャックポットやプログレッシブ方式もあるので、ここぞという時に自分で自由に金額を調整できるのも面白味の一つです。

 

日本に単身赴任や出張に来ている外国人が、自分の国と同じようにログインしてプレイをする、というスタイルもあるくらいです。

もはやインターネットの普及が富裕層も一般層も国境も乗り越えて、みんなが同じ土俵で同じように勝負ができる時代になったわけですね。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください