ラスベガスのカジノを設立した3人の男の人生とは?(その3)

ラスベガスのカジノを設立した3人の男・その2の続きです。

3人目の男として名前が挙がるのが、スティーブ・ウィンです。

 

スティーブ・ウィンはアメリカで知らない人はいないと言われるほど有名な人です。
彼はマフィアたちからカジノやホテルを次々と買収してクリーンな場所として作り上げたハワード・ヒューズの後継者とも言われている男なんです。

 

父親がビンゴホール経営をしていたこともあり、スティーブ・ウィンも若いころから経営者として手腕を振るってきました。
そして30代になったばかりの若さでカジノ・ゴールデンナゲットの社長になると、次々とアイデアを出してユニークなホテルをカジノに産みあげてきました。

 

ラスベガスの有名ホテル「ミラージュ」も彼が作ったものです。火山噴火ショーで話題になりました。
ここは今のラスベガスにあるエンターテイメント性のあるユニークなホテルが出来上がっていく最初のホテルと言われています。
ここからホテルの建築ラッシュが始まったのです。

 

シルクドソレイユがラスベガスのホテルで開催されたのも彼のアイデアです。
トレジャーアイランドや、超一流ホテル「ベラージオ」もそうです。

 

「ウィン ・ラスベガス」も彼の名前が入ってますね。
敷地内にゴルフコースがあるというのは他にありません。最大級の広さを持つプールもここです。もはやカジノだけでは無いんですね。

 

何もない砂漠地帯だった場所に初めて大型ホテルを建てた男がマフィアの「ベンジャミン・シーゲル」。
マフィアだらけのラスベガスのカジノをクリーンな場所にした男が大富豪の「ハワード・ヒューズ」。
そして、現在のラスベガスそのものを創り上げていった男が若手経営者の「スティーブ・ウィン」。

 

もし彼らがいなければ今のラスベガスがあるとは考えにくいですし、その影響でカジノというものが一般化して、誰でも遊べるゲームとして世界中に広まったんですね。
自宅にいながら現地で遊んでいるのと同じようにカジノでプレイできるのはこちらからです。
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

今ではカジノがインターネット上でも遊べる時代になったわけです。ラスベガスなど現地に行かなければ遊べないという常識をインターネットは覆してくれました。
金額も10円から賭けられるというのがお小遣い稼ぎには丁度いいレベルなんですよね。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください