モンテカルロ法をバカラで応用(ベッティングシステム)

オンラインカジノでの必勝法や攻略法はいろいろあります。

そもそも、カジノを運営している側もしょせんは人間が作ったものですので、人間が突破できる要素があるのは当然の話です。

攻略法としても、運営側が気付かずにやられるケースもあれば、運営側にタネがバレていてもやられるケースもあります。

モンテカルロ法なんていうのは運営側だってタネを知っているのに、それでもやられてしまう典型でしょう。

実際にモナコにあった「モンテカルロ」というカジノがお客によって攻略されてしまい、結果的に破産させられてしまったほどの破壊力があったことから名付けられています。

モンテカルロ法の簡単な手順としてはこうなります。

●まずはメモ用紙に「1・2・3」という数列を書き、両端の「1」と「3」を足した合計4ドルを初期投資額として勝負します。

●1度目を外してしまった場合、1度目の賭け金4ドルを数列に加え「1・2・3・4」とし、両端の数「1」と「4」を足した5ドルを2回目の賭け金として勝負します。

●負けた場合には前回の掛け金を数列に加え、勝った場合には数列の両端の数字を2つずつ、計4つの数字を消していきます。
例えば、4回目(1・2・3・4・5・6)で勝ったとすると、左端の「1・2」と右端の「5・6」の数字を消し、数列には「3・4」が残ることになります。

●5回目の勝負では「3・4」を足した7ドルを賭けます。勝った場合は数列がすべて消えるので、ここで1セット目終了となります。

●負けた場合には5回目の掛け金の「7」を数列に加えて「3・4・7」とし、両端の数「3」と「7」を足した10ドルを6回目の掛け金として勝負します。

●数列が全て消えるか、数字が残り1つになったら1セット終了となり、また最初の数列から始めます。

モンテカルロ法は長期的に見た攻略法で、一度の的中だけではマイナスのままの場合もありますが、1セットが終了したときには必ず利益が出る仕組みになっています。

多くのネットカジノでもモンテカルロ法が通用するので、まずは体験版から始めてみましょう!
 ネットカジノの公式サイトはこちら

 

【1位】ユースカジノ

★スクイーズありのライブバカラ
★入出金の制限なし
★還元率の高いリベートボーナス
★出金スピードは5分

新興カジノとしてはネットバカラで遊ぶプレイヤーたちに多く支持されているのがユースカジノです。
臨場感のあるライブバカラではあるものの、高額ベットのカジノも多い中、ユースカジノなら100円からプレイ可能なので場数を多く踏める環境なんです。
ハイローラーから初心者までネットバカラをやるならまずユースカジノは登録しておきましょう。

【2位】エンパイアカジノ

★ライブカジノが超充実
★2つの正規ライセンスを保有
★VIP制度が美味しい

ネットバカラ好きにとってはテーブル数が豊富なカジノを選びたいところですよね。
エンパイアカジノは他よりもライブバカラに力を入れているカジノで、テーブル数は200個近くあり、マカオやベガスなど本場のカジノとリンクしているのでかなり臨場感があるんです。

【3位】ベラジョンカジノ

★日本で最もプレイヤー数が多いカジノ
★日本にある銀行口座に出金できる
★ネットバカラも豊富に揃っている

日本人が使いやすいオンラインカジノとして君臨しているベラジョンカジノは安全性や安定性重視の方なら登録しておきたいところです。
古くから常にトップクラスのプレイヤー数でありトラブルもほとんど聞かれた事はないというのはそれだけ信頼性に繋がりますよね。

【4位】カジノシークレット

★50%のキャッシュバックがある
★ボーナスは全てキャッシュで貰える
★専用のライブカジノテーブルがある

カジノシークレットはベラジョンカジノ運営スタッフが設立しているためこちらも信頼性は高いカジノです。
トーナメントやプロモーションが豊富なので勝ちやすいチャンスがいつでも発生します。
VIPスピードバカラは最大ベット額が5000ドルなので熱い勝負を好む方々にも人気がありますね。

【5位】ライブカジノハウス

★ライブ特化型でプロバイダが最多クラス
★ハイローラーがさらに有利なVIP制度

ライブカジノハウスはその名からも伝わるようにライブテーブルの数は他カジノを凌ぐほどです。
500000ドルを賭けるようなプロバイダ主催のイベントもよく開催されていて、ボーナス目当てで参加しています。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

おすすめの記事