中国人がバカラを好きな理由とは

マカオやシンガポールなどアジアで観光に行ってカジノを見てみると、とにかくバカラのテーブルがたくさんあることに気付きます。

ラスベガスなど比にならないほどの数です。普通は5台もあればそこそこ大きなカジノだなと思われるところなのに、マカオでは30台くらい置いてあるカジノばかり。
しかも、そんなお店が10軒20軒あるんです。

そして、テーブルに付いているお客さんを見ると、8人掛けのほとんどが中国人。

このメンツを見てみると・・・


これもお金持ち風のオジサマばかりじゃなくて、若いお兄さんから60代の奥様まで一緒なんです。カジノは24時間営業してたりするもので、彼らは寝ないでバカラをすることすらあるみたいです。

同じ局面で10万円を賭けている人もいれば1億円を賭けている人もいる、それができるのはバカラくらいでしょうね。バカラの1ゲームなんていうのは、ほんの数秒で終わってしまうゲームなのに、彼らはこれが飽きないんですね。

全く飽きずに毎日通っている人があちこちにいるんです。

 

ブラックジャックやポーカーだと欧米式で紳士的なイメージですが、同じようにトランプを使うゲームでもバカラだけは特別アジア系の趣向が濃いと思います。

中国は昔から占いとか、風水とか、演技を担ぐとか、運に左右される要素のあるものが好きなのかもしれません。
それを言ってしまえば日本人だって、というところですが。
(どうりで日本には占い師やパチンコや宝くじなどが全国各地にあるわけで…)

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください