バカラは金持ちのギャンブル? イメージの根拠を探る

バカラは多くの人に、「金持ちがやるギャンブルだ」と思われています。
このイメージはどこから生まれたのでしょう?

 

◆世界でも有数のVIPに愛されているバカラ
バカラ好きのVIPはとても多いです。
バカラ愛好家のVIPを指す、ホエール(鯨)という専門用語があるほど。
ホエールたちが行うバカラは、ホエールの異名に相応しいスケールの大きさです。
1回のゲームで数千万単位の金額が動くと言われています。一般人の尺度では測れません。
ただし、ホエールたちのバカラは、スイートルームなど人目につかない場所で行われるので、実際にどの程度の大金が動いているのかは定かではありません。見えないからこそ余計に「バカラは金持ちのギャンブル」という憶測が広がっているのでしょう。

 

◆バカラは貴族にも愛されていたギャンブル
バカラは長い歴史と伝統を持つギャンブルです。ヨーロッパでは中世から行われています。
最初にバカラを発案したのはイタリア人のギャンブラーだと言われていますが、後にヨーロッパ中に広がり、フランスの貴族たちの間でも絶大な人気を誇るようになりました。
広く庶民に親しまれるようになったのは、バカラがアメリカのラスベガスに持ち込まれた1950年代からです。

こういった事情を鑑みてもわかるように、バカラはゲーム性ではなく、プレイヤーの立場によって「金持ちのゲームだ」という認識を受けているのだと思われます。
逆を言えば、ホエールや貴族を虜にするほど魅惑的なゲームだということです。

 

もちろん一般人にとっても、バカラのゲーム性は楽しいものです。
資金面に関しても、及び腰になる必要はありません。
近代ではミニバカラなど、少ない資金で遊べるバカラも登場しています。ルールも簡単です。

 

ですから、「金持ちのギャンブル」と警戒する必要もありません。
バカラは本来、敷居の低い庶民向けのゲームなのです。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください