シンガポールのカジノでバカラをする人気の高さ


マリーナ ベイ サンズ (トリップアドバイザー提供)

シンガポールに行く目的の多くはカジノという人で溢れています。カジノ近くのホテルには一年中満室のところもあり、いかにシンガポールにカジノをしに来たと言う人が多いかを物語っています。

 

世界でも堂々とカジノが公認されている数少ない国なので、一発当てたい気持ちで皆さん来られているようです。
その中でも多くの人に選ばれている人気ゲームが、「バカラ」です。

 

バカラはカジノで人気がある

カジノにあるトランプゲームの中と言えば日本人にお馴染みなのはポーカーやブラックジャックですが、これらは初心者向けという印象もあるくらいバカラには熟練者や中流以上の人が集まる傾向にあります。
というのも、ポーカーやブラックジャックはスキルゲームなので読みや頭を使うことが多いですし、スロットだと大当たりが出れば一攫千金になりますが、通常時は小出しの当たりなので、じれったい、というところがあります。

 

その点、バカラは一瞬で勝負が付く上に、毎ゲーム50%で誰でも勝てる要素なので、シンプルであまり頭も使わなくて良いですしお金の動きも速くて大きいのが特徴です。
お金に余裕がある人にとってみればカジノに来てまでコツコツジワジワといった要素のゲームよりも毎ゲームが分かりやすくてハラハラさせられるバカラのほうが楽しいのです。

 

シンガポールの国益の6割がカジノ

近年、急発展してきたシンガポールは国全体の利益の6割がカジノ収入とも言われるようになりました。
それほどカジノができる前に比べて国が栄えてきたということが分かります。
現に不動産もこの10年で3~4倍になっています。
10年前に4000万円で買った3LDKのマンションが今では1億2000万円になっているとも報道されています。

 

シンガポールのカジノの安全性

カジノを運営するにあたっては厳しいライセンスの取得が必須です。誰でも運営できるわけではなく、あらゆる調査項目をクリアして初めて渡されるライセンスであり、不正などがあると一発で取消もされるほど厳しいのです。

なので当然怪しい人たちが運営に加担できるわけもなく、セキュリティもかなりお金をかけられて強固に対応されています。
あくまでも公平性や安全性が確保されていなければプレイヤーも賭けに集中できませんし、信用に関わります。
シンガポールだと特にカジノのおかげで発展してきた国なので、国家レベルで安全性に取り組んでおり、プレイする側も安心して遊べるというわけです。

でも、シンガポールって、なかなかすぐに行けるものでもありませんし、忙しくてあまり時間が取れないときもありますよね。
そんなときにカオルはネットのベラジョンカジノでバカラをやってます♪
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

button-5046

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

入金はクレジットカード、出金はiWalletやecopayzなどから引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA