ラスベガスのカジノを設立した3人の男の人生とは?(その3)

ラスベガスのカジノを設立した3人の男・その2の続きです。

3人目の男として名前が挙がるのが、スティーブ・ウィンです。

 

スティーブ・ウィンはアメリカで知らない人はいないと言われるほど有名な人です。
彼はマフィアたちからカジノやホテルを次々と買収してクリーンな場所として作り上げたハワード・ヒューズの後継者とも言われている男なんです。

 

父親がビンゴホール経営をしていたこともあり、スティーブ・ウィンも若いころから経営者として手腕を振るってきました。
そして30代になったばかりの若さでカジノ・ゴールデンナゲットの社長になると、次々とアイデアを出してユニークなホテルをカジノに産みあげてきました。

 

ラスベガスの有名ホテル「ミラージュ」も彼が作ったものです。火山噴火ショーで話題になりました。
ここは今のラスベガスにあるエンターテイメント性のあるユニークなホテルが出来上がっていく最初のホテルと言われています。
ここからホテルの建築ラッシュが始まったのです。

 

シルクドソレイユがラスベガスのホテルで開催されたのも彼のアイデアです。
トレジャーアイランドや、超一流ホテル「ベラージオ」もそうです。

 

「ウィン ・ラスベガス」も彼の名前が入ってますね。
敷地内にゴルフコースがあるというのは他にありません。最大級の広さを持つプールもここです。もはやカジノだけでは無いんですね。

 

何もない砂漠地帯だった場所に初めて大型ホテルを建てた男がマフィアの「ベンジャミン・シーゲル」。
マフィアだらけのラスベガスのカジノをクリーンな場所にした男が大富豪の「ハワード・ヒューズ」。
そして、現在のラスベガスそのものを創り上げていった男が若手経営者の「スティーブ・ウィン」。

 

もし彼らがいなければ今のラスベガスがあるとは考えにくいですし、その影響でカジノというものが一般化して、誰でも遊べるゲームとして世界中に広まったんですね。
自宅にいながら現地で遊んでいるのと同じようにカジノでプレイできるのはこちらからです。
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

今ではカジノがインターネット上でも遊べる時代になったわけです。ラスベガスなど現地に行かなければ遊べないという常識をインターネットは覆してくれました。
金額も10円から賭けられるというのがお小遣い稼ぎには丁度いいレベルなんですよね。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ラスベガスのカジノを設立した3人の男の人生とは?(その2)

ラスベガスのカジノを設立した3人の男・その1からの続きです。

今でこそ世界から人が押し寄せる眠らない街ラスベガスですが、設立当初はマフィアの温床となっていました。きっかけになったフラミンゴホテルを作ったのがマフィアですからね。

 

それが今ではアメリカ内でも最も治安が良い街と言われるくらいになったので驚きです。
やはり多額のお金が動く街なので、健康的で犯罪も無い場所として継続させることが一番の優先項目とされてきたようです。

しかし、それは当然のことながら簡単ではありませんでした

 

当時は街のあちこちにマフィアがいるわけで、カジノの胴元もマフィアですからね。犯罪も頻繁に起こる悪いイメージが付き物でした。州としてもこれを野放しにはできなかったものの、マフィアのお金の力があまりにも強かったんですね。

 

そこで現れたのがハワード・ヒューズという男です。ハワード・ヒューズは航空業界で莫大な資産を築き上げて、100兆円を持っていたと言われています。
このお金を使ってラスベガスにあるホテルを次々とマフィアから買収していきました。

 

ハワード・ヒューズの行動があったからこそ今の安全なラスベガスがあるといっても過言ではありません。そうでなければ今でもマフィアが取り締まるカジノやホテルは野放しになっていた可能性が大きいですからね。
更には安定させるために不正防止にも力を注いでいます。第三者機関のゲーミング・コントロール・ボードを強化していくことでセキュリティに強く守られたシステムが出来上がりました。

 

裏の組織ではなく、健全な一般企業が取り締まることになったことが話題になり、ラスベガスにはまた多くのお客が足を運びだしたのです。
インターネット上で遊べるベラジョンカジノも同じようにごく普通の一般企業によって運営されています。
なので、確固たるルールの元で何年も安全に遊べてきているのです。
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

ラスベガスも当初はギャンブルだけの街であり、男性ばかりの街でしたが、クリーンなイメージアップや家族連れも楽しめるエンターテイメントとして作り上げたいというのは健全な一般企業だからこその発想ですね。
これがあったからサーカスのショーや、スーパーマーケットや、遊園地などができていったのです。
女性や小さな子供も入れる場所にしていったことが大きなイメージアップにもなったんですね。

⇒ ラスベガスのカジノを設立した男・その3に続く

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ラスベガスのカジノを設立した3人の男の人生とは?(その1)

180年前、ラスベガスが現在ある場所は砂漠地帯でした。カジノどころかお店も何もなかったんですね。

そして、スペインの探検家が訪れたときに、その場所にオアシスを発見しました。このときに初めてラスベガスという地名を付けたようです。

 

その後、アメリカはゴールドラッシュにわき出して、多くの人がカリフォルニアに押し寄せたのです。そのときに山脈を越える手前の休憩場所として使われていたのが、現在のラスベガスにあたる土地でした。

 

しかし、そのときは休憩所と言っても特に何もありませんので、お酒も楽しめて遊べる場所が求められて暇つぶしでポーカーやブラックジャックなどのトランプゲームをあちこちで見かけるようになりました。
このときにお金を賭ける習慣が定着したことがきっかけとなり、現在のラスベガスのカジノの原型となったと言われています。

 

その後に鉄道も通るようになったことで正式にラスベガスという街になったのです。

 

この頃は法律としてもカジノはおろか賭けトランプは非合法だったのですが、あちこちで開かれているものを全て取り締まることも難しく、その後に第一次世界大戦が始まったことで経済的に不安定になり、1929年の世界恐慌によって財政が悪化したことでカジノが合法となる方向に向かいました。

 

そう、ラスベガスも設立当初は州の財政確保が目的だったんですね。マカオやシンガポールなども同じことが言えます。
つまり、日本も現在の経済を見ていると分かるように、財政が厳しくなっていくことが見えているので、カジノ合法化の話が出ていることは自然の成り行きなのかもしれません。

 

ラスベガスのカジノと同じ環境がインターネットでも遊べることはもうご存知ですよね。
「ベラジョンカジノ」を見ればそのリアルさに驚きます。
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

さて、ラスベガスですが、州が合法化したことで爆発的にカジノ街となったわけですが、大きく影響したのが3人の男たちによるものでした。

まず1人は、砂漠状態の土地にリゾートホテルを建設したマフィアの男、ベンジャミン・シーゲルです。
ベンジャミン・シーゲルは数百万ドルという多額の資金を投じて「フラミンゴホテル」を建設したものの、まだまだカジノに対する認知が低かったせいで経営不振が続き、責任を問われて殺害されてしまいます。

 

しかし、このことを新聞が大きく報じたことで話題になり、そのフラミンゴホテルを見に行こうとする人がどんどん増えました。皮肉にも作った本人が亡くなってからこのフラミンゴホテルは大盛況となったわけです。
その後のホテル設立ラッシュのきっかけになった事件でした。

⇒ ラスベガスのカジノを設立した3人の男・その2へ続く

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.