ミニバカラとは(バカラとルールの違いは?)

ミニバカラと呼ばれることがあります。通常のバカラはビッグバカラとも言われます。

この2つの違いは何なのでしょうか?

 

厳密に言うと、ルールは全く同じです。

ミニバカラは賭けられるベット金額が低く設定されているのです。そして、テーブルも小さいです。
あと、お客さんはカードに触れないので、絞りもできず、ディーラーがカードを開く形式です。

 

【通常のバカラ】

big-bakara1

 

 

【ミニバカラ】

mini-bacacrat1

 

 

ミニバカラの賭け方も通常のバカラと変わらず、プレイヤーが勝つ、バンカーが勝つ、引分け、に賭けるだけです。

カオルの場合はどちらのバカラも揃っているオンラインカジノでやってるんですよ♪

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ラスベガスのギャンブル街でバカラに挑戦したときの話


ラスベガス (トリップアドバイザー提供)

 

世界でもギャンブル街の代表とも言えるラスベガスに行ったときのことです。
当時はマカオもシンガポールもまだまだ認知が低かったので、本格的なカジノと言われるラスベガスは夢の国みたいなものでした。

 

私は基本的に米国に行くのはラスベガスくらいにしか行かないです。単なる観光をするよりもゲームをしたいんです。
このときは仲間たち4人で行きました。空港からルクソールホテルに行きチェックイン。
ホテルによってカジノで遊ぶとホテル代が免除になるのも最近は見られます。

最初はとりあえず5000$ばかり両替したかな。
スロットなどには目もくれずにバカラのテーブルへ。

(さらに…)

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

パーレイ法をバカラで応用(カジノでプラス収支にさせるベッティングシステム)

極めて爆発力を秘めたベッティングシステムとして、「パーレイ法」というものがあります。

マーチンゲール法では、最初に1ドル賭けて、負けたら2ドル、また負けたら4ドル、また負けたら8ドル・・・というように負ける度に前回の倍の金額を賭けて元本を取り戻す手法でした。

 

 

parei675243

パーレイ法はこれと全く逆の展開です。
最初に1ドル賭けて、勝ったら2ドル、また勝ったら4ドル、また勝ったら8ドル・・・というように勝つたびに前回の倍の金額を賭ける手法です。

 

 

つまり、連勝するごとにその勝ち金を上乗せしてベットするので、7連勝もすると128倍のチップが得られる計算になります。
正にギャンブラーのための手法です。
実際にカジノだと多く見られますし、ギャンブルをしていることを実感できるやり方だと思います。ダブルアップに似てますからね。

 

 

マーチンゲール法が「守りの手法」とするならば、パーレイ法は「攻めの手法」と言えます。
勝てば勝つほど見返りが倍になっていくので計算も単純ですし、これがルーレットなどの3倍戻しなどのゲームで応用するとなると物凄い金額が動くことになります。

 

 

あまり欲張るとリスクも重なるので、自分の中で目標とする数値を決めておくのも良いでしょう。心理的にも連勝中となると気持ちが高ぶり、まだイケルまだイケル・・・と気張りすぎるケースもあります。
プラス収支に抑えるにはこうした自分の中のボーダーラインを設けておくのも必要だと思います。

カオルはいつもパーレイ法が試せるネットカジノで運試しをしています♪
 ネットカジノの公式サイトはこちら

 

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

バカラの配当と勝率から攻略ポイントをまとめてみた

バカラの配当

バカラの配当金の決め方は、どこに賭けたのか?ということで決まりますが、バカラの賭け方には主に4種類がありますので、払い戻しの倍率も4種類あります。

bakara1-3

●プレイヤーの勝ちに賭けた場合の配当は、2倍

●バンカーの勝ちに賭けた場合の配当は、1.95倍

●タイ(引き分け)に賭けた場合の配当は、8倍

●ペア(ゾロ目)に賭けた場合の配当は11倍

これを配当の低い順に並べると、

●バンカー 1.95倍

●プレイヤー 2倍

●タイ 8倍

●ペア 11倍

見比べると、バンカーとプレイヤーの順が変わってますね。

何故バンカーに賭けると1.95倍なのかというと、バンカー=ディーラー=胴元なので、こちらに賭けるとバンカーコミッションとして5%差し引かれるからです。
わずかではありますが、長期的に考えると全部バンカーに賭けたほうが勝てる計算になります。

まずはバカラの体験版で遊んでみましょう。
 ネットカジノの体験版はこちら

 

バカラの攻略ポイント

配当と勝率を踏まえた上で、バカラで勝つためのコツになるヒントを3つまとめました。

 

【重要なバカラのヒント1:タイには賭けない】

バカラでは、プレーヤー、バンカーまたはタイのいずれかにベットします。バンカーベットの勝率が、少しばかり高いのですが、「自分の」ハンドにベットすることを好むプレーヤーもいます。

プレーヤーは、タイにはベットしないことです。このベットの勝率は、魅力的で、7:1、場合によっては8:1ということもあります。しかし、ハウスエッジが14%以上と非常に高く、約1%のプレーヤーまたはバンカーベットが比べると非常に高く設定されています。

 

【重要なバカラのヒント2:コミッションの記録を取る】

バンカーベットに賭けて勝つと、プレーヤーはカジノに5%のコミッションを払わなければなりません。ライブカジノでは、ディーラーがコミッションの記録を取っており、シューの最後またはプレーヤーがテーブルを離れるときに、コミッションが徴収されます。

自分でも、コミッションをいくら払わなければいけないかの記録を取り、それを払う十分な金額を残してプレーすることです。

 

【重要なバカラのヒント3:傾向に左右されない】

カジノは、バンカーまたはプレーヤーの勝敗の傾向を記録できるシートを提供します。

この傾向は、次のハンドに、適応させることはできません。そうしたいのなら傾向に従うこともできますが、次はこちらが勝つに違いないと期待して、どちらかにベットするか決めても、勝率は上がりません。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

モンテカルロ法をバカラで応用(ベッティングシステム)

オンラインカジノでの必勝法や攻略法はいろいろあります。

そもそも、カジノを運営している側もしょせんは人間が作ったものですので、人間が突破できる要素があるのは当然の話です。

 

攻略法としても、運営側が気付かずにやられるケースもあれば、運営側にタネがバレていてもやられるケースもあります。

モンテカルロ法なんていうのは運営側だってタネを知っているのに、それでもやられてしまう典型でしょう。

 

実際にモナコにあった「モンテカルロ」というカジノがお客によって攻略されてしまい、結果的に破産させられてしまったほどの破壊力があったことから名付けられています。

モンテカルロ法の簡単な手順としてはこうなります。

 

●まずはメモ用紙に「1・2・3」という数列を書き、両端の「1」と「3」を足した合計4ドルを初期投資額として勝負します。

●1度目を外してしまった場合、1度目の賭け金4ドルを数列に加え「1・2・3・4」とし、両端の数「1」と「4」を足した5ドルを2回目の賭け金として勝負します。

●負けた場合には前回の掛け金を数列に加え、勝った場合には数列の両端の数字を2つずつ、計4つの数字を消していきます。
例えば、4回目(1・2・3・4・5・6)で勝ったとすると、左端の「1・2」と右端の「5・6」の数字を消し、数列には「3・4」が残ることになります。

●5回目の勝負では「3・4」を足した7ドルを賭けます。勝った場合は数列がすべて消えるので、ここで1セット目終了となります。

●負けた場合には5回目の掛け金の「7」を数列に加えて「3・4・7」とし、両端の数「3」と「7」を足した10ドルを6回目の掛け金として勝負します。

●数列が全て消えるか、数字が残り1つになったら1セット終了となり、また最初の数列から始めます。

モンテカルロ法は長期的に見た攻略法で、一度の的中だけではマイナスのままの場合もありますが、1セットが終了したときには必ず利益が出る仕組みになっています。

多くのネットカジノでもモンテカルロ法が通用するので、まずは体験版から始めてみましょう!
 ネットカジノの公式サイトはこちら

 

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.