バカラの配当と勝率から攻略ポイントをまとめてみた

バカラの配当

バカラの配当金の決め方は、どこに賭けたのか?ということで決まりますが、バカラの賭け方には主に4種類がありますので、払い戻しの倍率も4種類あります。

bakara1-3

●プレイヤーの勝ちに賭けた場合の配当は、2倍

●バンカーの勝ちに賭けた場合の配当は、1.95倍

●タイ(引き分け)に賭けた場合の配当は、8倍

●ペア(ゾロ目)に賭けた場合の配当は11倍

これを配当の低い順に並べると、

●バンカー 1.95倍

●プレイヤー 2倍

●タイ 8倍

●ペア 11倍

見比べると、バンカーとプレイヤーの順が変わってますね。

何故バンカーに賭けると1.95倍なのかというと、バンカー=ディーラー=胴元なので、こちらに賭けるとバンカーコミッションとして5%差し引かれるからです。
わずかではありますが、長期的に考えると全部バンカーに賭けたほうが勝てる計算になります。

まずはバカラの体験版で遊んでみましょう。
 ネットカジノの体験版はこちら

 

バカラの攻略ポイント

配当と勝率を踏まえた上で、バカラで勝つためのコツになるヒントを3つまとめました。

 

【重要なバカラのヒント1:タイには賭けない】

バカラでは、プレーヤー、バンカーまたはタイのいずれかにベットします。バンカーベットの勝率が、少しばかり高いのですが、「自分の」ハンドにベットすることを好むプレーヤーもいます。

プレーヤーは、タイにはベットしないことです。このベットの勝率は、魅力的で、7:1、場合によっては8:1ということもあります。しかし、ハウスエッジが14%以上と非常に高く、約1%のプレーヤーまたはバンカーベットが比べると非常に高く設定されています。

 

【重要なバカラのヒント2:コミッションの記録を取る】

バンカーベットに賭けて勝つと、プレーヤーはカジノに5%のコミッションを払わなければなりません。ライブカジノでは、ディーラーがコミッションの記録を取っており、シューの最後またはプレーヤーがテーブルを離れるときに、コミッションが徴収されます。

自分でも、コミッションをいくら払わなければいけないかの記録を取り、それを払う十分な金額を残してプレーすることです。

 

【重要なバカラのヒント3:傾向に左右されない】

カジノは、バンカーまたはプレーヤーの勝敗の傾向を記録できるシートを提供します。

この傾向は、次のハンドに、適応させることはできません。そうしたいのなら傾向に従うこともできますが、次はこちらが勝つに違いないと期待して、どちらかにベットするか決めても、勝率は上がりません。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.