パーレイ法をバカラで応用(カジノでプラス収支にさせるベッティングシステム)

極めて爆発力を秘めたベッティングシステムとして、「パーレイ法」というものがあります。

マーチンゲール法では、最初に1ドル賭けて、負けたら2ドル、また負けたら4ドル、また負けたら8ドル・・・というように負ける度に前回の倍の金額を賭けて元本を取り戻す手法でした。

 

 

parei675243

パーレイ法はこれと全く逆の展開です。
最初に1ドル賭けて、勝ったら2ドル、また勝ったら4ドル、また勝ったら8ドル・・・というように勝つたびに前回の倍の金額を賭ける手法です。

 

 

つまり、連勝するごとにその勝ち金を上乗せしてベットするので、7連勝もすると128倍のチップが得られる計算になります。
正にギャンブラーのための手法です。
実際にカジノだと多く見られますし、ギャンブルをしていることを実感できるやり方だと思います。ダブルアップに似てますからね。

 

 

マーチンゲール法が「守りの手法」とするならば、パーレイ法は「攻めの手法」と言えます。
勝てば勝つほど見返りが倍になっていくので計算も単純ですし、これがルーレットなどの3倍戻しなどのゲームで応用するとなると物凄い金額が動くことになります。

 

 

あまり欲張るとリスクも重なるので、自分の中で目標とする数値を決めておくのも良いでしょう。心理的にも連勝中となると気持ちが高ぶり、まだイケルまだイケル・・・と気張りすぎるケースもあります。
プラス収支に抑えるにはこうした自分の中のボーダーラインを設けておくのも必要だと思います。

カオルはいつもパーレイ法が試せるネットカジノで運試しをしています♪
 ネットカジノの公式サイトはこちら

 

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

バカラ攻略法の早見表(マーチンゲール法など全12種)

今回は12種類の攻略法で動く数字を早見表にしてみたのでご参考ください。

 

【マーチンゲール法】

負けたら次回は倍賭けします。最後に1回勝てば全て戻ってくる攻略法として有名です。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 2 4 8 16 32 64
累計賭け金 1 3 7 15 31 63 127
払い戻し金 2 4 8 16 32 64 128
利益(払戻-累計) 1 1 1 1 1 1 1

 

バカラというのは基本的に50%の賭けを繰り返すだけのシンプルなルールですが、攻略法というのは色々と種類があって、『負けているときに全て取り返す方法』、『勝ち分を利用してさらに高配当』、『より短時間で大勝ちできる方法』などがあり、幾つも知っていればそのときの場面によって使い分ける応用も可能になります。

 

 

【グランマーチンゲール法】

負けたら次回は2倍+1にすることで、マーチンゲール法よりも+1多く勝てます。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 3 7 15 31 63 127
累計賭け金 1 4 11 26 57 120 247
払い戻し金 2 6 14 30 62 126 254
利益(払戻-累計) 1 2 3 4 5 6 7

 

 

【3倍マーチンゲール法】

負けたら次回は3倍賭けることで払い戻しが大きくなります。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 3 9 27 81 243 729
累計賭け金 1 4 13 40 121 364 1113
払い戻し金 2 6 18 54 162 486 1458
利益(払戻-累計) 1 2 5 14 41 122 345

 

【パーレイ法(逆マーチンゲール法)】

勝ったら次回は2倍賭けるので、勝ち続ければマイナス累計は1のままで大きな配当が見込めます。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 2 4 8 16 32 64
累計賭け金 1 1 1 1 1 1 1
払い戻し金 2 4 8 16 32 64 128
利益(払戻-累計) 1 3 7 15 31 63 127

 

 

【グランバーレー法】

勝ったら次回は2倍+1を賭けます。パーレイ法の大型版でギャンブラー向けです。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 3 7 15 31 63 127
累計賭け金 1 1 1 1 1 1 1
払い戻し金 2 6 14 30 62 126 254
利益(払戻-累計) 1 5 13 29 61 125 253

 

 

【ココモ法】

2連敗時、3回目以降の賭け金が、(前回+前々回)となります。

ココモ法は3倍配当ゲームに有利なので、バカラよりはルーレットに使われます。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 1 2 3 5 8 13
累計賭け金 1 2 4 7 12 20 33
払い戻し金 3 3 6 9 15 24 39
利益(払戻-累計) 2 1 2 2 3 4 6

(3倍の払い戻しで計算)

 

 

【ピラミッド法(ダランベール法)】

ローリスク・ローリターンの投資法です。

負けたら賭け金を増やす、勝ったら賭け金を減らす、とすることで勝つことよりも長く遊びたい人向けです。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 2 3 4 3 2 1
勝敗 × × ×
払い戻し金 2 4 6 8 6 4 2
利益(払戻-累計) -1 -3 -6 -2 1 3 4

 

 

【グッドマン法(1235法)】

大負けしたくない人向けです。かなり守備型の攻略法になっています。

連勝時に1,2,3,5,5,5、と賭けていき、負けたらまた1,2,3,5,5,5となります。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 2 3 5 5 1 2
勝敗 ×
払い戻し金 2 4 6 10 0 2 4
利益 1 3 6 11 6 7 9

 

 

【イーストコーストプログレッション】

勝ったら半分は確保して半分を賭ける戦略です。

パーレイ法だと全賭けなので、それよりも穏やかな波になります。

$1勝てば次回は半分の$0.5+$1を賭け、次回は$1.5の半分の$0.7+$1.5で$2.2を賭けます。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 1.5 2.2 3.3 1 1.5 2.2
勝敗 × ×
払い戻し金 2 3 4.4 0 2 3 0
利益 1 2.5 4.7 1.4 2.4 3.9 1.7

 

 

【ウィナーズ投資法】

長期で見て、勝率50%になったときに利益がプラスにできているという戦略です。

方法は、勝つまで負け分の2倍賭けを繰り返す考え方です。

今回は14戦での場合で$10で考えてみますね。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 10 10 20 20 20 20 20
勝敗 × × × × ×
払い戻し金 0 0 0 0 0 40 40
利益 -10 -20 -40 -60 -80 -60 -40

 

勝負数 8 9 10 11 12 13 14
賭け金 40 40 40 40 40 40 40
勝敗 × ×
払い戻し金 0 40 40 40 0 40 40
利益 -80 -40 0 40 0 40 80

 

 

【バーネット1326法】

勝ったときに、1,3,2,6と賭けていく攻略法です。

負けたら1に戻し、勝った時に実行します。6で勝ってもまた1に戻るのを繰り返します。

1のときに負けて6のときに勝てるかどうかでトータルは左右されます。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 3 1 3 2 6 1
勝敗 × ×
払い戻し金 2 0 2 6 4 12 0
利益 1 -2 -1 2 4 10 9

 

 

【ハーフストップ法】

半分で止める、という攻略法というか自制心を保つ方法です。

バカラに限った話ではないですね。

賭け方の法則性は無いですが、最初にストレートで連続負けだと成り立ちません。

勝負数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1 4 6 3 7 3 3
勝敗 × × ×
払い戻し金 2 4 0 10 6 0 0
利益 1 5 -1 6 13 10 7

$1賭けだけの投資で5回戦目の$13が最高額なので、$7になったらヤメということです。

ウィナーズ投資法、モンテカルロ法については難解なのでまた別途書こうかなと。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

【パーレイ法(逆マーチンゲール法)で5連勝】バカラ攻略法『実戦画像』

14

バカラには色んな攻略法らしきものがありますが、主に言われているのが『マーチンゲール法』と『パーレイ法』です。

この2つは、表と裏のような関係です。

 

『マーチンゲール法』・・・負けたときに倍の賭け金

『パーレイ法』・・・勝ったときに倍の賭け金

という違いだからです。

いずれも、$1、$2、$4、$8、$16、$32・・・と前に賭けたものの倍額を賭けます。

 

 

マーチンゲール法だと、何度負けても最後に1回勝ちさえすればトータルで$1プラス、のように持ってこれます。

でも、これだと『ローリスク・ローリターン』なのです。

資金に余裕があるときに使うべき攻略法ではないんですね。

 

 

それに比べるとパーレイ法はローリターンが見込めます。

新たな元手を使わずに、勝った分を使ってさらなる高配当を得る方法ですから、スロットなどにある『ダブルアップ』のような感覚と思って良いです。

 

開始時・・・$180.67
 

1

まず$1を賭けていきます。

 

2

負けました。(現在 -$1)

1回勝つまで、負けたときは$1を賭け続けていきます。

 

3

再度$1を賭けます。

 

4

勝ちました。(現在 +-0)

 

5

1回勝ったので、2回目は$2を賭けます。

 

6

2回目も勝ちました。(現在 +$2)

 

7

2回勝ったので、3回目は$4を賭けます。

 

8

引き分けです。

賭け金は戻ります。(現在 +$2)

 

9

3回目の再プレイなので、$4賭けます。

 

10

3回目も勝ちました。(現在 +$6)

 

11

3回目も勝ったので、4回目は$8を賭けます。

 

12

4回目も勝ちました。(現在 +$14)

 

13

4回目も勝ったので、5回目は$16を賭けます。

 

14

5回目も勝ちました。(現在 +$30)

この後は想像にお任せいたします(笑)

 

 

開始時・・・$180.67

終了時・・・$210.67

 

一番始めに$1負けた分と、連勝スタートの最初に$1賭けた分だけが減っただけです。

元手がたった合計$2なのに、最終的には$30の大幅プラスです。

 

 

金額を二桁高めで始めていたら、2万円賭けて30万円のプラス、ということになったわけです。

いきなり30万円を賭けるギャンブルに出るよりも、2万円のリスクだけでこれだけ稼ぐことも可能だというのが『パーレイ法』なんだとお分かりになったかと思います。

 

 

気を付けたいのは、最後に負けてしまうとそれまでの勝ち分も全て無くなるのがパーレイ法のデメリット、ということです。

勝った分だけ次回に賭けているわけですからね。

 

しかし、パーレイ法なら1回勝つまでは毎回$1しか失いませんから、一撃のリターンがあれば余裕のプラスに持ってこれることが伝わったのではないでしょうか。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.