シンガポールでカジノができる有名ホテルたち


マリーナ ベイ サンズ (トリップアドバイザー提供)

 

シンガポールのカジノホテルと言えばソフトバンクCMで有名になった屋上プール付きの「マリーナベイサンズ」と、2011年にユニバーサルスタジオができた「リゾートワールド・セントーサ」です。

シンガポールもカジノ法案が出てからカジノ建設が完了するまでに時間がかかり、2010年に「リゾートワールド・セントーサ」がやっと完成したばかりなんです。
(さらに…)

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

現在地
ルートを検索

セントーサ島は一大リゾート地(シンガポール)

インドネシアの煙害が問題になっているようですが、シンガポールは家族旅行に最適です。

特にセントーサ島は一大リゾート地なので、2週間程度なら全然飽きずに滞在できます。

セントーサ島は私が大好きなカジノもありますし、もちろん買い物もセントーサ島で済ませることができます。
なにしろユニバーサルスタジオまであるのですから完璧です。

 

 

 

日本も観光誘致を積極的にしているようですが、ここまでやらないと勝てないと思います。

さて、そこでカジノです。

 

 

マリーナベイサンズのようにホテル直結ではありませんが、島内の移動はモノレールがあります。

カジノ内にレストランもあるので、家族で食事をしてから自由行動ということも可能です。

 

 

 

私はバカラで一勝負ですが、友人たちはルーレットでキャーキャー騒いでいるようです。

普通の女性はバカラよりルーレットやスロットマシンのほうが好きみたいですね(笑)

 

 

 

確かに、最近のスロットマシンは絵柄が非常にきれいで飽きさせません。

DVDを見ているような感じでゲームに引き込まれていくのです。

 

 

カジノに飽きてもセントーサ島はアトラクションがこれでもかというほど満載です。

ユニバーサルスタジオは別として、水族館もあるし、ちょっとしたハイキングツアーもあります。

もちろん「島」なのでビーチも広がっています。

 

 

 

シンガポールからは隣のインドネシア側にあるビンタン島も人気です。

でも、セントーサ島のように「楽しませる」感じはありません。

ビンタン島は自然がいっぱいのビーチですが、不便なことも多いです。

便利さに慣れすぎたのかもしれませんが、セントーサ島は家族でも楽しめる楽園だと思いますね。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

SMAPとソフトバンクCMで登場したシンガポールのホテルが東京にもできる!?


マリーナ ベイ サンズ (トリップアドバイザー提供)

SMAPとソフトバンクがCMで使用したホテル『マリーナ ベイ サンズ』はシンガポールの象徴として浸透するほど一躍有名になりました。

「スカイパーク・インフィニティプール」という話題のプールバーが屋上にあって外を一望できるあのホテルです。

まだ2010年に完成された新しいホテルでもあって清潔感もありますし、屋上57階からの眺めは何とも言えない贅沢な景色です。
バカラやブラックジャックのテーブルが数多く設置されており、数千台のスロットマシンが並ぶカジノもあります。

世界中から来る宿泊客の多くが屋上のプールと24時間営業のカジノが目的というのは言うまでもありません。

では、何故『マリーナ ベイ サンズ』が東京にもできる可能性があるかというと・・・

(さらに…)

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

シンガポールのカジノでバカラをする人気の高さ


マリーナ ベイ サンズ (トリップアドバイザー提供)

シンガポールに行く目的の多くはカジノという人で溢れています。カジノ近くのホテルには一年中満室のところもあり、いかにシンガポールにカジノをしに来たと言う人が多いかを物語っています。

 

世界でも堂々とカジノが公認されている数少ない国なので、一発当てたい気持ちで皆さん来られているようです。
その中でも多くの人に選ばれている人気ゲームが、「バカラ」です。

 

バカラはカジノで人気がある

カジノにあるトランプゲームの中と言えば日本人にお馴染みなのはポーカーやブラックジャックですが、これらは初心者向けという印象もあるくらいバカラには熟練者や中流以上の人が集まる傾向にあります。
というのも、ポーカーやブラックジャックはスキルゲームなので読みや頭を使うことが多いですし、スロットだと大当たりが出れば一攫千金になりますが、通常時は小出しの当たりなので、じれったい、というところがあります。

 

その点、バカラは一瞬で勝負が付く上に、毎ゲーム50%で誰でも勝てる要素なので、シンプルであまり頭も使わなくて良いですしお金の動きも速くて大きいのが特徴です。
お金に余裕がある人にとってみればカジノに来てまでコツコツジワジワといった要素のゲームよりも毎ゲームが分かりやすくてハラハラさせられるバカラのほうが楽しいのです。

 

シンガポールの国益の6割がカジノ

近年、急発展してきたシンガポールは国全体の利益の6割がカジノ収入とも言われるようになりました。
それほどカジノができる前に比べて国が栄えてきたということが分かります。
現に不動産もこの10年で3~4倍になっています。
10年前に4000万円で買った3LDKのマンションが今では1億2000万円になっているとも報道されています。

 

シンガポールのカジノの安全性

カジノを運営するにあたっては厳しいライセンスの取得が必須です。誰でも運営できるわけではなく、あらゆる調査項目をクリアして初めて渡されるライセンスであり、不正などがあると一発で取消もされるほど厳しいのです。

なので当然怪しい人たちが運営に加担できるわけもなく、セキュリティもかなりお金をかけられて強固に対応されています。
あくまでも公平性や安全性が確保されていなければプレイヤーも賭けに集中できませんし、信用に関わります。
シンガポールだと特にカジノのおかげで発展してきた国なので、国家レベルで安全性に取り組んでおり、プレイする側も安心して遊べるというわけです。

でも、シンガポールって、なかなかすぐに行けるものでもありませんし、忙しくてあまり時間が取れないときもありますよね。
そんなときにカオルはネットのベラジョンカジノでバカラをやってます♪
 ベラジョンカジノの公式サイトに行く

 

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.