マーチンゲール法の事例を解説

スマホでも『東京カジノプロジェクト』というアプリが人気なので、そこでも効果のある『マーチンゲール法』について事例を用いて解説しますね。

これは、バカラでもルーレットでも通用しますよ。

 

 

 

所持金がたくさんある場合には、ほぼ確実に、その所持金に対して規模の小さい勝ちを得ることができます。
この考え方は、マーチンゲール法にも通ずることがあるので、ぜひ覚えておいでください。

 

 

 

 

例えば、あなたの所持金が10000チップで、これを11000チップにしたい場合、配当が10倍のルーレットで、1点がけをすることを考えています。
足りないのは1000チップですので、1000÷10 =100チップをかければよいことになります。

 
そしてもし外れた場合、目標の11000チップに対して足りない所持金は、1100チップになりますので、同じように10で割って、110チップをかければよいのです。

 

 

 
そして同じように、今回も外れてしまった場合、11000チップに対して足りない所持金は、1210チップになりますので、1210 ÷10で、121チップをかければよいのです。

 

 

 
簡単に説明してしまえば、一回目の100チップの賭けで成功すれば、少額のかけで、少額の払い戻しという、穏便な結果で済みますが、連敗を重ねるごとに、かけ額、そして払い戻し額を共に多くすることで、今までの負けを一気に取り返し、そして最初の目標の11000チップに到達るということなのです。

 

 

 

 
当然、最初の所持金がたくさんあって、目標の利益の額が少ないほど、この方法で、利益を得る可能性は、ほぼ100パーセントに近くなります。
ただし、頭金をたくさんそろえることが、一般人には容易でないということと、非常にたくさんの回数の賭けをする時間的な余裕が必要ですから、現実にはこの方法で利益を得るには、かなり組織だった動きが必要となります。

 
ですが、この考え方を頭の片隅に置いておけば、かけで大きな損をする可能性は格段に減るでしょう。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください