カジノのディーラーは銀行員と警備員を兼ねたセキュリティがあるのか?

delira824

ラスベガスやシンガポールなど世界ではどんどんカジノが増えています。

ホテルと直結しているカジノもあれば、リゾートの一角に大きく構えるカジノもあります。

カジノが増えれば増えるほど必要になってくるのがディーラーの数です。

ディーラーが銀行員だという意味はと言うと・・・

 

ディーラーというのは単純にトランプを配ったりルーレットを回すだけの人ではありません。

カジノという空間は大量の現金が舞う場所です。

賭けに使うチップというのは現金そのものを意味します。ディーラーというのは常にチップと言う現金を手にしている銀行員と同じなのです。

 

上手くやればチップを盗むこともできそうですし、警備の隙を見てお札を抜くこともできそうだと思いがちです。

しかし、ディーラーというのは言わば銀行員の役目を担っているのです。
ディーラーが目の前で積まれているチップをくすねるものなら直ちに窃盗罪が適用されます。

 

そのため、カジノ側がディーラーを雇うときも大変厳しい審査を仕掛けているようです。
セキュリティは特に厳しいようです。
ディーラー同士でも従業員同士でも信頼で結ばれているというよりも、お互いがお互いを監視するかのごとく教育されています。

 

監視カメラもびっしり取り付けられてますし、警備員自体もたくさん配置されています。
スタッフや警備員たちをさらに監視する第三者機関も雇われることがあるほどに、とにかくセキュリティが厳しく設けられているのがカジノなのです。

 

そこまでしてセキュリティを重視するのは全てお客さんのためなのです。
ちょっとした小さな不備のためにお客さんの信用を失うことはカジノ自体の存亡に大きく影響するからです。
ただでさえアングラな世界なので、人から人へ伝達するスピードはとても速く、カジノとお客さんは信用で成り立っている部分が大きいので致命傷になりかねません。

 

それはオンライン上であっても同様です。
システムに少しでも不備があれば常連さんたちは一斉に避けだしてしまいます。
誰でも簡単に入ってこれない特殊な空間だからこそお客さんとの信頼関係を第一に考えているのがオンラインカジノなのです。
もちろん第三者機関による監視もされてますし、厳しいライセンスも取得されている安心のカジノで遊びたいですよね。

 

私がオススメするベラジョンカジノはかなり日本人を意識して作られているカジノです。
日本語に対応しているのはもちろんのこと、他のカジノでは未だにできていないスマートフォン完全対応が実現できているというのも大きな魅力です。

そこまで作りこまれているおかげで日本人プレイヤーも増えていて、既に3年近く経過しているのでシステムが安定していてセキュリティも万全だという信頼が強いんですね。
 『ベラジョンカジノ』の公式サイトに行く

 

パソコンにダウンロードするタイプではないというとも嬉しい作りです。
Internet ExplolerやFireFoxなどのインターネットブラウザでログインするだけの簡単なシステムなので、手間もありませんし、ウィルスの心配もありません。

他のカジノはダウンロードのタイプが多く、これも英語だらけになっていたりウィルスバスターが検知してしまうことも少なくないんですよね。その時点でやっぱり抵抗感が生まれてしまいますもの。

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください