カジノでバカラのプロになれるか?

カジノではいろいろな人が働いています。

バカラのテーブルではディーラーがいますが、当然カジノの従業員です。

また、フロアにはたくさんの人がいて参加者のお世話をしています。

カジノは人海戦術で成立している仕事なのです。カジノが雇用対策になると言われる一因でしょう。

 

 

 

そんな中、VIPルームには目つきの鋭いプロがいます。この場合のプロと言うのは大金を扱う人たちですね。

ブラックジャックやポーカーのようなスキルゲームだとさらによく見られます。

ワイワイと騒ぐわけではなく、黙々と賭け続けています。

そして、いきなり席を立っていなくなったりします。

 

 

 

 

バカラのプロはいつも冷静です。

100万円単位でプレイしていても落ち着いているんですね。

 

 

 

私も一度コツを教えてもらいたいと思っているのですが、近寄りがたい雰囲気があります。

どんなことでも「プロ」になることは容易ではありません。

 

 

 

冷静に考えれば賭け事で「常に勝つ」ことなどできないと思われがちです。

もちろん、彼らもいつも勝っているわけではないようです。

しかし、長期間の成績を平均すれば勝っているのでしょう。

そうでなければプロとして成立しないのですから…

 

 

 

 

むかし一度、金投資の専門家のブログを読んだことがあります。

ディーラーとして金の市場で取引をしていた際は勝率5割強だったようです。

でも、ディーラーとして名を轟かせていたそうです。

 

 

 

 

プロと言ってもいつも大きく勝てるわけではありません。

その人のブログを読んでいると、大きく勝ちに行こうとしてもやられてしまうことがあるようです。

ブログを読んで自分のバカラに対する取り組み姿勢が変わりました。

 

 

 

それまでは「積極的に」取り組んでいたのですが、ちょっと臆病になりました。

一瞬の判断が要求されるバカラなので考え込んでいる余裕はありません。

でも、イケイケムードに乗せられることはなくなりました。

 

 

 

 

私はバカラのプロではありません。

これからも絶対なれないでしょう。

でも、プロの考え方や勝負に対する姿勢をちょっと知ることができたような気がします。

プロってすごいなと思うとともに、いい勉強になります。

しかし、あのバカラのプロと一晩語り明かしてみたいなと思います。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

バカラは3枚目で勝負が左右される

バカラのルールは簡単なような難しいようなルールです。

何言ってるんだと言われそうですが、簡単な面と難しい2面性があるのです。

 

 

 

ゲーム自体は、バンカーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想するだけのゲームです。

自分自身はポーカーなどのようにゲームに手を出しません。ルールも実は簡単です。

 

 

 

ここでバカラのルールをおさらいすると、ディーラーがバンカーとプレイヤーに2枚ずつカードを配り、合計の下一桁で勝負です。

下一桁が9に近い方が勝ちですよね。

 

 

でも、両方共の下一桁が8か9でない場合、もう一枚ディーラーがカードを配ります。

ただし、バンカーとプレイヤーでは、3枚目をもらっていけないかのルールがあります。

両方とも同じルールならいいのですが、違うんですよね。

 

 

 

実際にはディーラーがルールを判断して配るので、見ている側は何の問題もありません。

でもカードを配るか配らないかで場の数字が変わります。

 

 

 

「予想」をしている参加者は、自分が勝てるか負けるかが変わるわけです。

最終的には結果だけで配当の有無は決まるのですが、途中経過は重要です。

 

 

 

 

これをジリジリしながら見ているのがバカラの醍醐味だともいえるのです。
だから、ルールは知っておいた方が楽しみが倍増します。

 

 

 

もっとも、まだ慣れていないうちだと「えーっと…」と考えているうちにディーラーが3枚目を配ってしまうことが多いです。

バカラの魅力を一言でいうのは難しいのですが、直接参加できないことではないでしょうか。

そういうのも経験の差が出ます。

ネットカジノなどで流れにことができれば、本番のカジノでもおたおたすること無く余裕を持って見ていられますよね。

 

 

 

例えば、競馬でもそうなのですが、自分が乗馬するわけではないです。

自分がレース展開を予測して、その通り的中するから醍醐味があるのです。

 

 

 

自分の予測通りにレース展開が進み、その通り順位が決まると気分爽快ですよね。

馬券を買っていなくてもこんな時は嬉しくなるものです。

 

 

 

馬券を買って配当金をもらえたのであれば喜びは格別でしょう。

バカラも似たようなものです。

とかくバカラはディーラー主導でゲームは進むと言われます。

そんな中でもルールを知っていると、自分も参加しているような感覚に浸ることができます。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

バカラ勝負の面白い例え話

先日、バカラ仲間の友人に聞いた例え話で、思わず納得したことがありました。

 

・・・

ある少年時代の昼下がり。
友達と一緒に、あなたはおやつを食べているのですが、その時のおやつは5個。

 
あなたと友達は、2個ずつ食べて、最後の一つをどちらがたべるか牽制し合っています。

 

 
と、そのときあなたと友達は、部屋の片隅にある虫かごを見て、おやつの最後の一つをどちらが食べるかを決める方法を思いつくのです。
そう、虫かごの中からカブトムシを2匹出してきて、どちらのカブトムシが相撲に勝ったかかけることで、おやつの権利を決めようというのです。

 

 

 
そう決めたとたんに、いつも見馴れたカブトムシの相撲が、大興奮のエンターテインメントに変わった・・・。

 
似たような経験は、どなたも経験したことがあるでしょう。
バカラ賭博とは、基本的にはこのおやつをかけたカブトムシ相撲と同じことをしています。

 

 

 

違うのは、おやつではなく本物のお金をかけ、かけの対象も、実力差があって不公平や八百長が起きやすい戦いではなく、
完全に運勝負のカードゲームであるということです。

 
ルール的には、バンカーとプレイヤーという2人の勝負を傍観し、どちらかに賭けます。
バンカーにかけて、バンカーが勝つとベットしたチップの1.95倍、プレーヤーにかけて、プレイヤーが勝つと配当は2倍。
そしてタイとよばれる引き分けにかけて実際にゲームが引き受けると、配当は8倍。

 

 
ちなみに、バンカーとプレイヤーとの配当差 0.05は、カジノ内のショバ代になるという事情も、現実のバカラではあるようです。

 

 

バンカーとプレイヤーの勝敗はどう決まるかというと、カードゲームのもブラックジャックに似ていて、カードの1から9はそのままカウントし、10以上はゼロとカウントし、手札の合計が9に近い方が勝ち、9を超えたり遠い方が負けです。

 
2枚の手札が配られた時点で、9に近い数字だとともう三枚目は渡さないのですが、かといって少ない手札の人に三枚目が配られても、前述のようにゼロとカウントされるカードは多いので、思うようには行きません。

 

 
このあたりがバカラの面白さにつながっているのですね。

丁半バクチなので確実に勝つ必勝法はないですが、一つだけ言える王道は、タイは無視するということです。

配当が高いからといってタイが出る可能性は非常に低いのです。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.