セブンラックカジノソウル江南店と2号店の違い

セブンラックカジノのソウル江南店についてですが、こちらのカジノはカジノホテルとしても有名なミレニアムソウルヒルトンに
あるカジノの一号店となっており、ミレニアムソウルヒルトンのカジノは2号店になります。

利用できる通貨はウォン、円、米ドル、中国元などになりますので、あらかじめ用意しておくと安心です。

 

一号店と二号店を比較してみるとそれほど厳しくないドレスコードや入場の際にパスポートが必須である点(外国人専用のため)は同じですが、ソウル江南店は立地が空港ターミナルに隣接しているため、時間ギリギリまでゲームを楽しむことができるでしょう。

 

日本語スタッフや日本語でのルールブックが用意されているのも外国人向けのカジノならではの配慮ですね。

初心者向けのルーレットやタイサイから定番のバカラ、ブラックジャックなど幅広く楽しめる点も評価していいと思いますよ。

 

 

また、こちらのカジノは都心にあるため、アクセスも良く、ショッピングなどと併せて楽しめるのも魅力の一つです。

 

中でも隣接するCOEX MALL(コエックスモール)は韓国最大級のショッピングモールの一つであり、ここだけでも一日中遊べるスポットなのでその意味でもミレニアムソウルヒルトンにあるカジノ2号店とは異なる魅力がありますよね。

 

以上の事から、とにかく充実した時間を過ごしたいという方にはソウル江南店をお奨めします。

 

人によってや気分次第でも利用する場所は異なってくると思いますが、優雅な時間を過ごすのならばミレニアムソウルヒルトンを、充実した時間を求めるならソウル江南店という認識で良いのではないでしょうか?

 

 

私が近くに立ち寄った際に利用する基準として重点に置いているのはそれらの点についてですね。
参考にしていただけると幸いです。

 

外国人専用ということで、様々な国籍の方と出会う機会ができる貴重な場所だと思いますので是非、利用してみてください。

利用者の年齢層は中年の男性客が多いですが、ソウルに店構えしていることが影響しているのか、以前立ち寄ったときには若年層の客も増えていました。

 

それだけカジノが身近になってきたということかもしれませんね。

高級志向から大衆向けまで利用者の幅が広がるのは、同じ嗜好の方が増えることを指していますから、気が合う知り合いができる確率も増えるので個人的には嬉しいですし、カジノが一般化することで世間一般で言われているような中毒性の高さなどのマイナスイメージの軽減に少しでも繋がればと思います。

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.