射幸性はカジノでも制限されるのか?

ギャンブルに関わっていると、『射幸性』という言葉をよく聞きます。

これは、偶然の利益を狙う事です。

射幸心というと幸せになりたいという意味なのですが、射幸性は意味が違うようです。

 

 

 

射幸」という言葉は、文字通り幸せを射止めるという意味です。

しかし、努力せずに幸せを射止めたい人も存在します。

悪いことではありませんが、カジノでそれを狙う事は無理があります。

 

 

 

バカラなどは胴元であるカジノ側が多くの「寺銭」を徴収しています。

それに負けない利益を出すのは並大抵のことではありません。

バカラは頭脳戦だと言われます。

私もそう思い、一つの精神修行だと考えています。

 

 

 

バカラでは自分のテーブルがどんな状況かを予測して、プレイヤーかバンカーかに賭けます。

タイを除けば確率2分の1の勝負ですが、2回に一度当たるとは限りません。

バンカーばかりに賭け続けていても損失が出ることが少なからずあるのです。

 

 

 

確率2分の1の勝負といっても、賭け金は毎回自由に変えられるわけですから、10連続で1万円ハズしても、11回目に20万円当たればプラスです。

そういう逆転劇を味わってくると、病みつきになるのも分かります。

 

 

 

 

日本では公営カジノが禁止されており、公営ギャンブルもかなり制限されています。

これは「一攫千金」を狙ってギャンブルにのめり込む人が出ることを防止したいためです。

現実に韓国では韓国人にカジノを開放してしまい、人生破滅に陥る人が増えたようです。

現在、日本で公営カジノができない理由は韓国のような事例があるためのようです。

でも既にパチンコや競馬などは当たり前のように広がっているわけで、今さらどうなのっていう感じもするんですよね。

 

 

 

確かにギャンブルで人生を棒に振る人を生み出すことはよくありません。

シンガポールでも自国民がカジノに入場する際は入場料を取られます。

こうして、カジノなどのギャンブルの影響を外国人だけに留めているのです。

 

 

 

 

しかし、シンガポールの人もマカオでカジノを楽しむことがあります。

人間の欲望は法律だけで制限することができるわけではありません。

射幸性は必ずしも悪ではなく、自分でコントロールするものです。

 

 

 

いい大人が自分の感情のコントロールもできないようでは問題だと思います。

そのような人のおかげでカジノなどのギャンブルが悪者にされ、射幸性が悪と思われるのです。

ちょっとおかしいと思いませんか?

 

海外まで行かなくても今すぐ勝負できるバカラはいかがですか?

↓↓↓↓↓

button-902

button-792

いずれも日本にいて遊べるネットカジノばかりです!

賭けるお金の出し入れについてですが、

入金はクレジットカード、出金はiWallet、ecopayzなどで引き出せますよ!

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.